FC2ブログ

Home > 報告

報告 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ご愛読ありがとうございました

もう世の中がどうなろうが、何がどうおかしかろうが、私には関係なくなってしまいました。食料が高騰しても、銀行数行の破綻をきっかけに世の中が騒々しくなっても、急場凌ぎに公務員年金などあらゆる年金を一本化してなお年金制度が崩壊しても、TPPが何の役にも立たなかったことが分かっても、どうでもいい。もともと蟻の大騒ぎでしかなったのですが、長年、私の漫(すず)ろ言にお付き合いくださいまして、心から感謝致します。

Continue reading

しばらく休載します

大切な人を失いかかっている。くも膜下出血、脳幹出血で自力呼吸ができない。救急隊に脳血管障害の疑いがあると言われ病院に向かったが、診断は「もう戻って来れないだろう」というものだった。臓器移植を希望しないため、生命維持装置を外すことはできないが、こうした場合は血圧その他のコントロールを控えめにしながら自然死を迎えるものらしい。じきにその時がやってくる。私の悲しみは彼女の苦しみではない。私の痛みは彼女の痛みではない。まだ30代半ばの彼女の無念をひたすらに見つめている。彼女のいないこれからを想像したことがなかったことに気付いた。

今年もよろしく

元旦、一眠りしてから成田山へ参詣した。陽気のいい正月で、参道の酒屋の甘酒も有難味が薄れてしまった。道中、名物の鰻屋の煙を浴びながら、川魚の佃煮屋、竹細工屋などに混じってケバブ屋が数軒あった。「アツアツだよ。ウマウマだよ!」と一際大きな声で客を寄せていた。

Continue reading

書き納め

来年まで残り3日。このエントリーが今年最後となる。

意に反して権力について四の五の書いた1年だった。特に政治など、あちらの世界で崇高にやってくれればいいのであって、我らは薄ぼんやりと暮らして行ければ文句はないのだが、薄ぼんやりが許されない状況にやおらなりつつあって、しわぶきの一つもくれてやるつもりでいた。その方面は実に賑やかで、喧々囂々やっている割には何の進捗も見られず、これといっためでたし気分も味わえず、どうしたものか。歴史の彼方ではこんにちの苛立ちがたった一行、「みぞゆーの迷走政権」だのと書かれるばかりで、空騒ぎで終わってる可能性が高いのだが。

Continue reading

小沢二郎

小沢一郎は「普通の国」を目指す政治家である。自民党時代から記者会見をオープンでやってきた経緯もある。記者クラブの既得権を一蹴するためにも、やがて法的な根拠を与えることも視野に入れているというが、この一つの行為だけをとっても余人とは違って見える。

Continue reading

Home > 報告

プロフィール

野牛

Author:野牛
商才無きウェブ制作&ITコンサル。ピアノ弾きと絵描きと書家を無条件で尊敬する。晴耕雨読、船旅で四方の朝焼けを見るのが夢。

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds
QR Code

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。