FC2ブログ

Home > スポンサー広告 > 小沢二郎

スポンサーサイト

  • --------
  • スポンサー広告
  • twitterでつぶやく
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://duskdark.blog35.fc2.com/tb.php/125-7576d130
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 低速ギアで全速力

Home > スポンサー広告 > 小沢二郎

Home > 報告 > 小沢二郎

小沢二郎

  • 2010-09-04
  • 報告
  • twitterでつぶやく
小沢一郎は「普通の国」を目指す政治家である。自民党時代から記者会見をオープンでやってきた経緯もある。記者クラブの既得権を一蹴するためにも、やがて法的な根拠を与えることも視野に入れているというが、この一つの行為だけをとっても余人とは違って見える。
違って見えるが、騒音も多い。あんたに見えるのは虚像でしかない、小沢一郎は古い体質の政治家であり、独裁者というに近いといった悪しき話題も豊富に聞こえてくる。その一方で醜聞はプロパガンダなのだ、閣僚答弁の義務化に象徴される官僚排斥思想が多量の憎悪を生み、罵詈雑言を量産しているのだ、反小沢は民主党プロパーであり、奴らの大好きな内ゲバに過ぎない、そう言い切る人もいる。

鳩山退陣の折、一種のクーデターに巻き込まれて詰め腹を切らされた小沢の復権は、反小沢派の一掃、大粛正が待っていることになる。今の地位も剥奪され、政策も実現できず、煮え湯をかけた冷や飯を食わされる、何だか丁度いい気がしないでもないが、それを絶対阻止しなければ名ばかりの与党党員に成り下がる。

床屋のサインポールでも見ているようで、さっぱり分からない。しかし、こうやって見てみると、なるほど敵が多い。官僚が敵であるからには、検察も敵である。民主党プロパーも敵であり、メディアも敵であり、多くの既得権益者も敵であり、古巣自民党も形式上は敵である。それが小沢一郎である。

傑作なのが、小沢一郎は日本人じゃないんじゃないか、という話だ。そのことと、外国人地方参政権付与法案、昨日紹介した韓国の大学での発言が巧みにリンクしている。

1.ニートはみんな親が悪い。
2.親達は子供を甘やかしていて、親に民族教育を確りしないといけない。
3.日本人の若者は漠然と他人に寄生し寄生虫として生きているとんでもない害虫だ。
4.日本人の親達もどうかしている。日本人は動物にも劣る民族といっても過言ではない。
5.日本人はもともと民度が劣るから、君達韓国人のような優秀な民族の血を日本人に入れない限り、他人やアジアに寄生して生きる害虫日本人が増えるだけだ。
6.韓半島南部の権力者が日本の国家を樹立したもの」

過激過ぎるのである。

当節、『世代間格差』という考えが流行しつつあり、老人に対する若年の憎悪がひたひたと水位を上げつつある。言ってみれば、熟年や中年の保身こそが諸悪の根源であり、フリーライダーで溢れかえっているのが日本社会の実相である。為に若年層が食らい付く場所が残っていない、ニートはその副産物に近いとする。こうした考えも間違ってはいないと思うし、フリーライドする連中には憎悪を禁じ得ないが、ニートそのものは小沢の言うような一面も確かにあって、頭から否定できるものではない。ニート問題は徴税問題である。自殺でさえ人権であることを思うとき、ニート問題は人権問題にも化ける。社会との関わりを否定しないまでも断ち続ける人々が、親としての或いはニートとしての、それぞれの人生を社会問題として敷衍するあたりが得心できないとしても、さすがに(4)の動物にも劣る民族とまで言われると、小沢の愛国心を疑うのである。(5)は卑しきおべんちゃらとしても、(6)に相当する時代の人々の行き来は、それほど一方的でもないのである。これは、『日韓がタブーにする半島の歴史』(室谷克実著・身長新書)にも示されるように、朝鮮半島の正史『三国史記』にも記されていることである。

日本は明治維新にも似たような事態になっている。新国家を創造するために、近代法の整備を急ぎドイツを範とした。教育機関の整備も急務で、東大を創設するに当たって、逼迫する財政にありながらも国家予算の相当な割り分を外国人教授の給料に宛がっている。記憶が不確かだが3割を優に超えていたはずだ。当時の外国人教授はドイツ人、イギリス人、オランダ人など多彩で、近代国家を早急にまとめ上げるには西欧人の英知を旺盛に吸収していたことを思えば、近代化の起点となった時代に朝鮮半島から学び取るべきことはなく、わざわざ聞こえのいい話を引き合いに出すあたりは、パフォーマンスと取るべきだろう。参政権問題に結びつけるならこの辺のことも付け足したほうが説得力があるというものだ。この講演は江上波夫の諸説を援用したが、好悪の問題なのだろうが賢明とは言えない。

小沢一郎は外国人参政権の法案推進に韓国側の要請があることを認めている。小沢一郎自身が日本人ではないと言い出したのは、千葉大の清水馨八郎名誉教授で、小沢の母が済州島の出であり、菅直人も同じ出自であるとしている。数えれば国会議員など百人に近い数字でそうなるという人もいるのだが、何がどこまで本当なのか、ますます分からなくなってくる。愛国心を一つの希望として政治を見つめている身としては、その炎が消え入りそうなほどか細くなっている。

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://duskdark.blog35.fc2.com/tb.php/125-7576d130
Listed below are links to weblogs that reference
小沢二郎 from 低速ギアで全速力

Home > 報告 > 小沢二郎

プロフィール

野牛

Author:野牛
商才無きウェブ制作&ITコンサル。ピアノ弾きと絵描きと書家を無条件で尊敬する。晴耕雨読、船旅で四方の朝焼けを見るのが夢。

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds
QR Code

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。