FC2ブログ

Home > スポンサー広告 > 一億人の政治ごっこ

スポンサーサイト

  • --------
  • スポンサー広告
  • twitterでつぶやく
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

kuma URL 2010-10-30 (土) 19:36

わたし、一度だけ本物の猫の集会を目撃した事があるんです!
それはそれは不思議というか、厳かと言えばいいのか…とにかく何らかの統制がきちんと取れていました。
猫語がわかったら、面白れぇだろうなぁ(笑)

日本もひょっこりひょうたん島みたいにちゃぷちゃぷ泳げたらいいのに…と思います。この位置関係が非常に嫌ですね。

野牛 URL 2010-10-30 (土) 22:33

日本列島、何処へ曳航しましょうか。普天間が移るグァム行ってもしょうがないし、フィリピン方面はジャピーノ問題が発火しそうですし、ハワイはパールハーバーがあるし、小笠原付近にドラッグ&ドロップしときましょうか。

猫集会の緊張と倦怠の同居はなまなかなものではありません。居るべき所にいて、侵さざるべき所を侵さず、位置関係が重要なんですね。何のために集まったのか必死に思い出してるうちに時間が経って、とりあえず毛繕いだけして帰る、見事としか言いようがありません。ニャンパラリン、キャット空中三回転ダス。

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://duskdark.blog35.fc2.com/tb.php/160-7cf364e2
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 低速ギアで全速力

Home > スポンサー広告 > 一億人の政治ごっこ

Home > 慷慨 > 一億人の政治ごっこ

一億人の政治ごっこ

  • 2010-10-30
  • 慷慨
  • twitterでつぶやく
仏教を内法と称した場合、そのほかを外法(げぼう)と言い、民間信仰や新興宗教もその対象だった。どちらかと言えば幻術使い、法力使いの類で、オカルティズムの範疇が外法で、その中にどくろを用いるものがあった。理想とされる頭蓋骨は鉢が大きく、眼窩がやや下にあって、下顎に向かってほっそりしているものが上物だったと言う。これを外法頭、げぼうあたま、と言い、法力のありそうな顔かたちの人に言い含めて、死後これを譲り受け、土中に埋めて肉を腐らせ、埋める場所もなるべく往来のにぎやかな、人によく踏みつけられる場所でもって、独特の風合い、色合いを得て、これに紐を通し首からぶら下げた。この話が誰のどの本に書かれていたかは忘れてしまったが、私は岡田幹事長を見るたびに、外法衆がいかにも欲しがりそうな頭だと思っていた。もっともその生前の外法頭にいかなる能力があろうともかたちだけが関心の対象でしかない。
外法頭はファンダメンタリストであると言う。対中強硬派であり、政治主導を信条とするがために外務省チャイナスクールの話を聞く耳を持たないのだと。
@niftyニュース

事態を重く見た中国側の戴秉国・国務委員(副首相級)が、9月11日の午後8時前後に、当時外務大臣だった岡田の携帯に秘書官経由で危機回避の電話を入れさせたのです。ところが、岡田がこの電話に出なかった。そのため、戴が『何がホットラインだ!』と激怒したというのです


上はヤクザ情報に詳しい週刊実話の記事で、文末には電話に出なかったわけを忖度している。中国外交のトップの面子を潰したことが力点となって、作用が広がって行く過程で、外務大臣がこれまた中国強硬派の前原氏にかわった。

CASTテレビウォッチ

実はこの時期、日本は内閣改造の最中だった。朝日新聞に外務省幹部の話が載っている。 「岡田氏も幹事長就任が決まってからは『次の大臣がやること』と仕事に手をつけなかった。前原氏も直後に控えた国連総会の準備しか頭になかった」


対中強硬派の割に淡々としていた前原外相の発言も、一度火が点いてしまったら頑として受け付けない様子の中国側、このあたりの成り行きが今一つ分からなかった。中国としてはアメリカに行って中国脅威論をぶつような男は、この際、嫌気倍増であることは確かだ。

アメリカは金をせびってばかりの遊び人のようで、日本という情婦は、その遊び人の札入れに黙って金をしのばせる、都合のいい存在だ。同じアメリカの情婦でも韓国のほうが女としては気が強く、意思表示ができるぶんだけ気心が知れ、もうすぐ手を切れるぐらいの蓄えができそうなのだが、妹が借金まみれでなかなか実行できないでいる。数年前にこんなようなことを書いた。ここに中国をキャラ付けしようと思うと、どうも上手くいかない。外法の国とでも言いたいところだが、恫喝してまでも金や技術を持ち去って行くワルのアメリカとは違って、戦後補償といった意味合いでODAやら技術供与やらでせっせと面倒を見ているさまは、親と子とは言えないし、兄弟でも、従兄弟でもない。例え話というのはだいたい失敗するもので、所詮例え話でしかなく、核心など込められるものではないが、無理矢理でも喩えてみれば、あとになって騙されたと気付く詐欺師でもないし、何だか合法的に金や技術を奪って行く長兄、或いは官僚(笑)のようでもある。長兄はやがて自分の裁量で田畑全部を売り払ってしまいそうな雰囲気を持っている。中国のことは余り理解していないからこそ雰囲気も上手く表現できないということか。案外、このエントリーの肝はこのへんにある。

MSN産経ニュース

「(海上保安庁から)那覇地検に送られたビデオは数種類あるのだろう。(公開が)相当だという範囲を那覇地検が判断して出された」と語り、映像が全面的に公開されたわけではないとの認識を示した。


相変わらず猫の集会のような反日デモが報道されているが、そろそろビデオ公開が決断の時を迎える。自民党の与謝野馨氏のように国内で決着済みということで公開するべきではないという意見も出始めている。折角の外交カードも、相手側がその中身を知らなければ外交カードになり得ず、しかもこれだけ日延べしていると、映像編集の時間を稼いだとして、中国からは捏造を指摘されることだろう。事実、上のように国内でさえそのような指摘がある。

ZAKZAK

中国漁船衝突事件で政府が衆院に提出した約6分間の海上保安庁撮影のビデオ映像をめぐり、実際の本編映像は2時間以上あることがわかった。日中関係に配慮し、過激なシーンがカットされた疑惑もあり、自民党の逢沢一郎国対委員長は28日、「改ざんされた可能性がある」と指摘。与党側に全編の国会提出や那覇地検幹部の国会招致を求める方針だ。


海保職員が海中に転落してそれを中国人船員が銛で突いたとか、海保職員に死者が出たとか、ビデオの中身をめぐって噂はかなりきわどい話になってきている。噂が事実でなくとも、逮捕の理由が相当悪質なものだったことが事実なら、その時効果的に反射できなれば素人政府と言われてもしょうがない。戦国などという勇ましい響きも虚ろである。とりわけフジタ社員身柄拘束時、ビデオ情報を握っていながら小沢を恃み細野特使派遣しかできなかったあたりが、ビデオの公開すべきタイミングだったのではないか。「この絶体絶命の時、何故怒りを発しなかったかと言えば、今こうして公開されたビデオが捏造だからで、怒らないほうが普通じゃないだろう?本当のことはもう分からなくなってしまっているじゃないか、第一あの時、中国の船長は泥酔状態で何も覚えていないんだから」そんな言葉が聞こえてきそうだ。一部しか公開しない、それも編集してしまって何が真実か分からないものなら、後から本物や本物と称する偽物がわんさと出てきて、そこまでまた混乱するのは目に見えている。民主党は素人臭さが新鮮だったが、いつまで経っても素人のままだと腹が立ってくる。

MSN産経ニュース

党中堅幹部は「日中両国のために前原はつぶした方がいいというメッセージじゃないか。中国に言われてすぐに辞めさせるのはよくないが、前原が外相をやるのは無理だ」と、中国そっちのけで外相批判を展開した。


あんなに官房長官が赤く染まっているのに。前原外相は一貫して親米反中の人である。その信条を各論で賛成する人も少なくないが、経済がこれを許さない。いつの時代も経済的な豊かさを体現できる政治家だけが好い政治家であって、それほどまでに今現在は中国との連携が盛んで、もっと言えば依存度が高い。玉に決定的に疵をつけておく絶好の機会だということか。結局、民主党の有望な若手二人がこじらせた事件を、官房長官が失策でもって身動きが取れなくなって、それを総理が傍観しているだけの日本国政府、私はそれを冷やかす切ないバカ国民の役回りである。

Comments:2

kuma URL 2010-10-30 (土) 19:36

わたし、一度だけ本物の猫の集会を目撃した事があるんです!
それはそれは不思議というか、厳かと言えばいいのか…とにかく何らかの統制がきちんと取れていました。
猫語がわかったら、面白れぇだろうなぁ(笑)

日本もひょっこりひょうたん島みたいにちゃぷちゃぷ泳げたらいいのに…と思います。この位置関係が非常に嫌ですね。

野牛 URL 2010-10-30 (土) 22:33

日本列島、何処へ曳航しましょうか。普天間が移るグァム行ってもしょうがないし、フィリピン方面はジャピーノ問題が発火しそうですし、ハワイはパールハーバーがあるし、小笠原付近にドラッグ&ドロップしときましょうか。

猫集会の緊張と倦怠の同居はなまなかなものではありません。居るべき所にいて、侵さざるべき所を侵さず、位置関係が重要なんですね。何のために集まったのか必死に思い出してるうちに時間が経って、とりあえず毛繕いだけして帰る、見事としか言いようがありません。ニャンパラリン、キャット空中三回転ダス。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://duskdark.blog35.fc2.com/tb.php/160-7cf364e2
Listed below are links to weblogs that reference
一億人の政治ごっこ from 低速ギアで全速力

Home > 慷慨 > 一億人の政治ごっこ

プロフィール

野牛

Author:野牛
商才無きウェブ制作&ITコンサル。ピアノ弾きと絵描きと書家を無条件で尊敬する。晴耕雨読、船旅で四方の朝焼けを見るのが夢。

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds
QR Code

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。