FC2ブログ

Home > スポンサー広告 > 盲亀の浮木

スポンサーサイト

  • --------
  • スポンサー広告
  • twitterでつぶやく
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://duskdark.blog35.fc2.com/tb.php/62-984641d6
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 低速ギアで全速力

Home > スポンサー広告 > 盲亀の浮木

Home > 慷慨 > 盲亀の浮木

盲亀の浮木

  • 2009-09-30
  • 慷慨
  • twitterでつぶやく

zeni.jpg雨が続いている。

先日、眼鏡を新調した。鼻当てのついていない丸眼鏡にした。鼻当てが付いていないことで、レンズ全体を拭くことができるのがよろしい。本人はレノン風と思っているのに、人々は私の前に進み出て瞑目し両手を合わせる。「汝、なにゆえそのようなことをするのか」と尋ねると、「お隠しにならなくても分かります、ガンジー様」と言う。「友愛をまっとうしなされ」と斬り返す日々が続いている。

味のある木製の置時計も探し当てた。下地が漆黒、上に朱を重ね、所々削って下地がのぞいている。根来塗のような感じだ。朝から方々探し回って、夕刻、国籍不明の雑貨を扱ってる店の、陳列棚のいちばん下、乱雑に積まれたもう売れなくなって在庫となった品物の中に、埃をかぶって置かれていた。これで14時と4時を間違えずに済む、4時と0時20分を間違えずに済む、と喜んだものだ。デジタル時計は寝惚け癖のある者にとって斯くも危険だ。ヤニが染みついたような色をしている文字盤の、この電池式のアナログ時計が、枕頭でチクタク時を刻む。暗い寝室に時計の音だけがする。時折猫が出窓から飛び降りる音やグハグハと餌を食う音がしたりもするが、騒動の後のチクタクは余計綺麗に聞こえる。朝晩が冷えて来たので久留米絆纏を出してきた。今年からは腹巻も復活した。もう、何と言うか、生活のあらゆる所がオヤジで、昭和である。

亀井先生が気焔を吐いてい…あ!蚊だ!我が家は時ならぬ蚊禍に悩まされている。中秋の名月も近いというのに足は蚊にさされてそこら中が赤く腫れている。昨日などは右手人差し指の先端を刺された。刺される方も途方もない間抜けだが、眠っている時にやられたわけではないはずだ。そうでなくては困る。夜中、しんと静まり返る中、チクタクと心地良い置時計の音に耳を傾けながら眠ろうとしていると、突然、あの不安定な、か細い羽音が襲ってくる。「んごっ!蚊だ!」布団をはね除け、猫が開けたドアを閉め、灯りを点けてモスキートハントをやるのである。いざ蚊を見付けても、建て付けの悪い我が家では、壁や天井にへばりついた蚊を思い切り叩くと間取りが変わって暮らしにくくなるため、できれば中空をさまよううちに両の手でパチンと始末したい。これが頭で描くようにいかない。秋の蚊のくせに意外とすばしっこい。蚊一匹と無様な格闘の結果、うまく仕留めたとしても妙に血がたぎり、おいそれと眠れるものではない。運が悪ければ再び訪れた暗闇にもう一度羽音が舞う。運良く眠りに落ちたこの間は、蚊の夢を見せられた。あのアート・ガーファンクルと一緒に「サウンド・オブ・モスキート」という歌を歌っている夢だった。ご丁寧にジャケ写まで夢に出てきた。ダークブルーとダークピンクの点描二色刷のデザインで、なかなかシブイ。私の左隣にやや大きめのアート・ガーファンクルの顔。リー・リトナーだったかも知れない。そのアート氏の広大な額の真ん中からやや右上の所に、リアルカラーの蚊が止まっているのであった。もう聞きたくないかも知れないが、歌詞の大半は蚊の泣くような声でハミング、最後の最後で "within the sound of mosquito"とキメて二人でゲラゲラ笑うのだ。

で、何の話をしてましたか。亀?鳩の群れに紛れ込んだ亀かと思ったら、鳩を守る鷹だったという話。鷹が亀。モラトリアムを適用する中小企業をどうやって篩い分けるか、外的基準が定め切れないのではないか。どの企業も寝食忘れて一生懸命やってるわけでもないし、惰性もあれば建前もある。三年待たずにヨイヨイになる、ヨイヨイにする企業も山ほど出てくる。キャバクラ行って楽しんでも何も言えない。銀行は政府の債務保証さえもらえればどうってことないのだし、後は債務状況を上手く組み合わせて証券化して、外資に売りさばいてモラトリアム・バブルにしてもらう。これで万事OK。よろずモラトリアム国家の本領発揮である。鳩迷惑な話だ。蚊の話で盛り上がったことだし、生き物の話はこれぐらいにしておきたい。

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://duskdark.blog35.fc2.com/tb.php/62-984641d6
Listed below are links to weblogs that reference
盲亀の浮木 from 低速ギアで全速力

Home > 慷慨 > 盲亀の浮木

プロフィール

野牛

Author:野牛
商才無きウェブ制作&ITコンサル。ピアノ弾きと絵描きと書家を無条件で尊敬する。晴耕雨読、船旅で四方の朝焼けを見るのが夢。

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds
QR Code

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。