FC2ブログ

Home > スポンサー広告 > day3 091205

スポンサーサイト

  • --------
  • スポンサー広告
  • twitterでつぶやく
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://duskdark.blog35.fc2.com/tb.php/87-2a560f7f
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 低速ギアで全速力

Home > スポンサー広告 > day3 091205

Home > day3+ > day3 091205

day3 091205

  • 2009-12-06
  • day3+
  • twitterでつぶやく

day3_5


忘れた頃にもういっぺん押尾某の逮捕状が出た。多額の小遣いをもらい過ぎた兄弟が衆目を逸らそうとしてこのタイミングで仕組んだのかどうかは分からぬが、元そのスジというマネージャー共々行方不明というあたり、報道の過熱を煽るような仕掛けになっているとも取れる。本人が生け捕りにされなければもっと凄いことになる。
「まさか、自分が騙されるとは」 ロンドン前副市長、中国美女の罠に
健康のためと称して奥様手製の手弁当で通す男が小沢一郎だそうだ。結構頻繁に行く海外出張はどうしてんだとか突っ込み所はあるが、国内ですらそのぐらい徹底しないとダメなのか、ということだ。そう言えば私も猫を飼っているが、もしかしたらハニートラップの一種かも知れないと思ったことがあったほど、メロメロである。しかし、猫が特殊な情報を聞き出すような素振りなど一向に見せない。恐らく、猫でダメと知って次は本物のハニーを送り込んでくるに違いなく、とても楽しみにしているが、私が何の情報も持っていないただのスケベおやじであることに気付いてハニーに殺されることになるだろう。ブログが更新されない日々が続いたら、サボッているのではなく、そういうことと理解して欲しい。

速報/長生きするなら我慢するよりキレる - FujiSankei Business i.
キレる年寄りが増えている。否、年寄りだらけでカウントが多くなっただけか。他国のご忠告に耳を傾けるまでもなく、この国の年寄りたちはちゃんとキレている。年寄りのほうが若い連中より数多く公妨で挙げられている(参照)。問題なのは年食ってることそのものが暴力となること。元気なクソじじいどもは社会的弱者でも何でもないが、どうも手を挙げづらい。ただでさえ居丈高なじじいどもは、目の前の相手が突っかかって来ないと知るや、余計に勢いづく。しまいにゃぶん殴られ、殴られ損で事が収まる。今でもちょくちょく耳にするが「ブレーキとアクセル間違いました」系はこれからどんどん増える。これも含めて年寄りにやっつけられっぱなしの時代がやって来る。「お年寄りは大事にしよう」と教えられてきたが、「大事にすべき年寄りとそうでない年寄りがいる」のだ。

中川昭一氏が育んだ「水の安全保障」 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

農政通らしく、「日本は水の輸入大国」と警鐘を鳴らし、輸入される小麦や牛肉に触れて「1kgの小麦の収穫には2トンの水が必要とされ、1頭の牛肉の育成には22トンもの水が使われている。計算していくと、日本は年間640億トンもの水を輸入していることになる」とも指摘していた。


この計算、東大の沖大幹教授の仮想水(バーチャル・ウォーター)に由来する。世界の水不足には食料輸入国も荷担していて、或いはこれらに必要な水を技術供与や水そのものの提供で相殺するような動きが出てきてもおかしくない状況らしい。中国は8割弱の都市が水不足、河川も水量が不足してあちこちで途切れるような事態だという。アメリカも37州で水が不足し、大統領によって水確保のタスクフォースが動き出している。そして、この二つの国からほとんどの食料を輸入しているのがこの国というわけである。もし、日本が、食料自給率を100%にした場合、この豊富な水資源があると思われている日本でさえも、水不足に陥るという試算がある。それほど食料を生産するというのは水が必要でなのである。それ以前にズタボロの上下水道を全面的に手直しするのに120兆円もの税金を投入する必要があるようだ(以上、財界展望12月号より)。すぐ目の前の世界的な水争奪戦を目前に控えて、中国は日本のダム付近の土地や涵養林を物色しているという報道もある。石油が黒いダイヤなら水は透明なダイヤ、日本は海水淡水化に使用する膜技術で先んじているが、すでに海外水メジャーに押されていて出番はないようだ。ましてや、この分野でイニシアチブを取ることを望まない人々もあって、ダム建設に圧力がかかっているという説もある。

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://duskdark.blog35.fc2.com/tb.php/87-2a560f7f
Listed below are links to weblogs that reference
day3 091205 from 低速ギアで全速力

Home > day3+ > day3 091205

プロフィール

野牛

Author:野牛
商才無きウェブ制作&ITコンサル。ピアノ弾きと絵描きと書家を無条件で尊敬する。晴耕雨読、船旅で四方の朝焼けを見るのが夢。

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds
QR Code

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。