FC2ブログ

Home > スポンサー広告 > 庶民はどんな理由があっても増税には反対すべきである

スポンサーサイト

  • --------
  • スポンサー広告
  • twitterでつぶやく
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://duskdark.blog35.fc2.com/tb.php/93-d9941e0c
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 低速ギアで全速力

Home > スポンサー広告 > 庶民はどんな理由があっても増税には反対すべきである

Home > 慷慨 > 庶民はどんな理由があっても増税には反対すべきである

庶民はどんな理由があっても増税には反対すべきである

  • 2010-06-14
  • 慷慨
  • twitterでつぶやく
小さな液晶画面からのぞき込むインターネットを通して、政治とか祖国とか言ったものを徒に書いたりする。ネットを通そうが通しまいが、汚辱と蛮勇の国に見える人にはそう見え続け、そうでない人はそうでないなりに見える。たまには蒙を啓かれるこもあるだろうが、大方既にある食材に味を付けたり、まぜこんだりする程度のことをやっている。それにしても、この小窓から見える国家は今足下にある房総の地べたとちゃんと繋がっているのか怪しく、滑稽でありながら、慷慨は止まない。このブログは地べたで書いていることを忘れたくない。その点から言えば多分に感覚的であることを今一度念を押しておきたい。

大義を唱える人たちは別として、庶民は、どんな理由があるにしても増税には反対しなければならない。当節、増税こそが国を助けるとばかりに、寛大なことを言う御仁が散らばっているが、左前の暮らし向きでも何とか歯を食いしばってやっている庶民がそれに乗じるには、しかるべきわけが入り用だ。それならそうと言ってくれればいい、話しだけは聞く、こういう態度が理想的だ。綺麗な花にはトゲがあり、飴の後には鞭が来るのは当たり前、子ども手当などもってのほかだ。しかし、清貧高潔は個人のものであって家族のものとは限らない。庶民ゆえの不如意、もらうものはもらって出すものはベロでもいやだ、けれどもちゃんとタダより怖いものはないことを肝に銘じておく、こうでありたい。

最小不幸の社会、実に聞こえはいい。幸などというたぶんに主観的な感覚のことを言ってくれるより、これとこれをやってやるというほうがリーダーシップが得られたのではないか。これに乗じて最大幸福とか言って非難している連中も、言葉遊びという点では私と同じ程度のレベルでしかない。

まず、税金を使うのは誰か、ということである。税金は役人によって集められる。集めた役人が配分する。金は四方八方から集まって来る。無いということはない。無いなりにあるこの税金でもって傾国済民が行われる。字が間違っていても気にせず、万葉の心でもって読み進んでいただきたい。当然のことながら、公僕と自称する人たちの賃金にも相当量割り当てられる。400万人いるという公務員。これで全部かどうかは分からない。一家四人とすれば、1,600万人が税金で食っている。税金で食っているということなら、出入り業者や指定業者も勘定に入れたい。資料を探す時間が無いので無闇に書けば、5~6人に1人ぐらいが税金で食っているようなものだろうか。まさかこの構造を根源的に改革したのが事業仕分けだと言うわけでもないだろう。

パパが月給3割減った。本当はこれでやりくりしなきゃいかんのに、小銭借りまくって都合をつけてやりくりしながら今までの生活水準を維持した。でもいつかは食っていけなくなる。しょうがないから家族構成をいじろう。楢山節考にするか、子ども女衒に売るか。しかし、公務員は馘首できんのだ。なんということだ。たとえが悪すぎた。

家族構成をいじれないなら、じゃあ、事業仕分けだ。鉛筆は短くなったら持ってこい、新しいのと交換してやる。帳面は最後まで使ったら持ってこい、新しいのと交換してやる。パンツは裏返してもう一日はくように。そうは決めても、事後の検証が行われないし、新しい事業が量産される可能性だってある。ばあさんが皇潤が欲しいと言ってるし、いろいろあきらめたくないママは茶の滴が欲しいと暴れている。なんということだ。

話しがまとまらくなってきた。しかし、家族を例にしてみたところで、キミたちの誰一人家庭に納税していないではいか。失敗だ。この話、次回仕切り直しとしたい。お粗末。

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://duskdark.blog35.fc2.com/tb.php/93-d9941e0c
Listed below are links to weblogs that reference
庶民はどんな理由があっても増税には反対すべきである from 低速ギアで全速力

Home > 慷慨 > 庶民はどんな理由があっても増税には反対すべきである

プロフィール

野牛

Author:野牛
商才無きウェブ制作&ITコンサル。ピアノ弾きと絵描きと書家を無条件で尊敬する。晴耕雨読、船旅で四方の朝焼けを見るのが夢。

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds
QR Code

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。