FC2ブログ

Home > スポンサー広告 > それでも夜は明けて

スポンサーサイト

  • --------
  • スポンサー広告
  • twitterでつぶやく
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://duskdark.blog35.fc2.com/tb.php/98-b5e300ff
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 低速ギアで全速力

Home > スポンサー広告 > それでも夜は明けて

Home > 雑文 > それでも夜は明けて

それでも夜は明けて

  • 2010-06-24
  • 雑文
  • twitterでつぶやく
現実からかけはなれた肩書きがついてしまうのは滑稽なものだ。ベストドレッサー賞なんてのをそこらへんのオヤヂにくれると言っても、ほお被りして尻を端折って、草鞋懐に遁走するに違いない。せんだっては某議員の迷言で科学技術立国とやらの命運も尽きそうだったが、呼び名といえば今や経済大国なんてえのも、無心しに来る外交官以外のものではなくなってしまった。
金詰まりになると色んなことを考える。例えば莨(たばこ)。莨は燃えて煙になるだけの税金メーカーだったが、その規模2兆円余、この金が経済循環に組み込まれればその何倍もの経済効果を産じる。徴税はその過程で少しずつ掻き集めれば帳尻が合う。煙を吐く時間も賃金が生じ、これを買い求める時間のロス、掃除するロス、そこら中が汚れるロス、これにいろんな病気の警鐘を加え、莨撲滅のための啓蒙は完成である。体質的耐性もあるだろうが、莨を吸ってたって70、80まで生きる人はいくらでもいた。世の中のムードが全体として莨否定の雰囲気に傾いて行くと、その方面に金が回り予算がつく。研究の類もそうであろう。社会に役立つことをしているふうにも見える。その人たちが言うようにニコチンには中毒性があり、過度の喫煙は肺癌を誘発し、実感として断煙後体調がすこぶる良い人もあるだろう。だが、重箱の隅を突っつけば口に入れる大抵のものは異物であるが故の害を探し当てられるのではないか。

金詰まりの方策としてはアングラに回流する金をせき止めたい。一部アングラが仕切っている仕事を合法的に行えるようにするか、非合法にしてしまえばよい。土地転がし、風俗営業、口入れ屋、違法ドラッグ販売、賭博等々。土地転がしは転売がしづらいように一応法改正があったし、風営法は時代に合わせてどんどん変更が加えられる。自治体単位の浄化作戦も功を奏し、淫靡な雰囲気の街というのはなくなりつつある。三重に渡鹿野島という島全体がただならぬ気配の場所が残っているらしいが、先行き長くはないのかもしれない。違法ドラッグ販売は薬のネット販売規制がいくらかでもちからになっているのかどうか分からない。口入れ屋は一気に様変わりした。もっとも口入れ屋と言えば建築や港湾人足、工場が主力だったが、そのほかへの人足出しを解禁することで拡大を抑止した。大手口入れ屋役員に元大臣の名があったりするのは機を見るに敏と言うべきか。今は医者まで派遣されている。今年になってその種の仕事をしている人に接する機会があったが、当人は今日は何人でいくらの儲けと金勘定して鼻息が荒かった。時流が読める人というのは、ちゃっかり儲けているものだ。余談だが、これから銭儲けをしたいなら、中国人が日本でやってる商売を真似れば間違いないという人もいた。

賭博はどうやったって止められそうにないが、角界が揺れている。横綱をクビにした理由と天秤にかければ、名古屋場所は中止にしなければならないだろうし、クビになる力士も出さなきゃならんことだろう。ま、そんなわけで、アングラの仕事を横取りするか、法的に封鎖するかで少しでも表経済の金が裏に回らないようにやっている。

この事と一緒にアジールも廃止された。アジールは簡単に言うと治外法権のようなもので、寺社や教会がこういう役割を担って来たが、私の言うアジールはちょっと使い方がまずく、身分を隠して何とか食っていける場所を指す。身分を偽る必要がある、いわゆるアウトローはどんな社会でも一定数産出される。社会が産出するでもなく自らの失敗で望んでそのような道を選択する人もあるだろうが、そういう人も含めたい。こういう人たちは昭和の終わり頃までなら、風俗やパチンコ店、建設の飯場などに潜り込んでなんとか食って行けた。英国人女性を殺害し逃亡していた市橋容疑者が飯場住まいで凌いでいたが、こういう凶悪な人だけでなく、色々な理由でもってこぼれ落ちてしまう人もある。オウム事件前後、風営法改正により身分証提示が義務づけられた。やがて外国人労働者問題もあって、あらゆる業界、あらゆる労働に身分証がついて回るようになる。不思議に思うかも知れないが、彼らの選択としてそれができず、食い詰める。どういう体であれ働くことができて食っていければ何とかなるが、当節、ニコチンヒステリックにも似てはみ出し者は許されない。こういう人たちの末路は首を吊るか行き倒れるしかない。

アジール云々はともかく、そうでなくとも仕事がない。今、経済大国の何を体験できるだろうか。箱を作って物を入れ、これが贅沢、これが豊かさと言う程度の金満ぶりしか発揮できないできた。山奥まで舗装され、獣道になり変わった立派な橋梁もありはしないか。過去最高の貿易黒字が連呼されていた時代もあった。金はどこへ行ったのか?金はどこへ消えたのか?誰が使ったのか?夢想を書き連ねているうちにすっかり朝になった。

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://duskdark.blog35.fc2.com/tb.php/98-b5e300ff
Listed below are links to weblogs that reference
それでも夜は明けて from 低速ギアで全速力

Home > 雑文 > それでも夜は明けて

プロフィール

野牛

Author:野牛
商才無きウェブ制作&ITコンサル。ピアノ弾きと絵描きと書家を無条件で尊敬する。晴耕雨読、船旅で四方の朝焼けを見るのが夢。

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds
QR Code

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。